鍼灸とは

非常に細い金属の鍼(はり)やもぐさを使った灸(きゅう)を用いて、患部や経穴(ツボ)に刺激を与え、ヒトが本来持つ自然治癒力や自己免疫力を高め、様々な疾患や病気の治癒や予防を行う治療法です。

鍼について

鍼は、血行の流れを良くしたり、皮膚や筋肉に分布する感覚神経を刺激し、脳などで中枢神経を介して痛みを鎮めてくれる作用があります。そして自然治癒力や自己免疫力といったヒトが本来持っている力を呼び起こします。使用する鍼は、髪の毛ほどの太さで、痛みはほとんどありません。症状や施術目的、施術部位によって鍼の長さ・太さ・種類を使い分けます。

 

灸について

灸は、ヨモギで作ったもぐさを使用し、熱刺激を与えることで自然治癒力や自己免疫力を高め、痛みを鎮める作用もあります。もぐさを直接皮膚上に乗せて着火させる「直接灸」と、もぐさと皮膚の間を空けて行う「間接灸」に大別されます。当院では、主に間接灸を使用しており、安全で気持ちの良い灸施術を受けていただくことができます。

 

鍼灸の効果

NIH(アメリカ国立衛生研究所)や世界保健機関(WHO)が様々な疾患や病気に対する有効性を認める発表をしています。鍼灸治療による有効性が認められる病気には次のようなものがあります。

運動器系
関節炎、リウマチ、五十肩、腰痛、腱鞘炎、むちうち、捻挫など

神経系
頭痛、めまい、神経痛、自律神経失調症など

循環器系
動悸、息切れ、高血圧症、低血圧症、動脈硬化症など

呼吸器・消化器系
喘息、気管支炎、便秘、下痢、胃炎など

婦人科系・泌尿器系
生理痛、月経不順、更年期障害、冷え症、膀胱炎など

耳鼻咽喉科系・眼科系
耳鳴り、メニエール病、鼻炎、咽喉頭炎、眼精疲労など