2023-10-01

梁丘

梁丘(りょうきゅう)

 
<10月に多いトラブル>

やっと気温が少しずつ下がり、涼しく過ごしやすくなってきているため、夏バテで低下していた食欲が回復してきた人も多いのではないでしょうか。そして、多くの農作物が収穫期を迎え、様々な食材が食べ頃を迎えます。“食欲の秋“ですね。この時期につい食べすぎてしまう事は仕方がないのかもしれませんが、弱っていた胃腸に負担をかけてしまうので気をつけなくてはなりません。

食べ過ぎて胃がムカムカするときや、緊張で胃がキリキリ痛むときなど、急に現れた胃腸の不調にこのツボはオススメです。故事には「腹八分に病なし、腹十二分に医者足らず」とあるように、基本的には“腹八分”が良いのですが、食べすぎてしまったときはこのツボを刺激して、 “食欲の秋“を楽しみましょう。

<効果>

胃もたれ、胃痛、急性の下痢

<ツボの場所>

膝のお皿の上の外側から指3本上。

<ツボ押しのコツ>

ほどよい刺激を感じる程度の強さで、ゆっくり押してゆっくり離しましょう。
(6秒×5回程度)

<鍼灸についてはこちら>

鍼治療について

灸治療について

ツボについて

<過去のツボ紹介はこちら>

2023年9月 湧泉(不眠緩和)

2023年8月 陽谷(体内の熱を放散)

2023年7月 関元(整腸作用)

2023年6月 解谿(むくみの改善)

2023年5月 天柱(肩凝り・眼精疲労)

2023年4月 百会(自律神経の不調の改善に)

2021年6月-2023年3月

関連記事