2023-08-01

陽谷

陽谷(ようこく)

<8月に多いトラブル>

梅雨が明け、夏本番。これからの時期に気をつけないといけないのが“熱中症”です。暑い日が続くと「ぼーっとして集中力が続かない」「頭がうまく働かない」ということはありませんか?それは熱中症の初期症状かもしれません。

“暑邪”という東洋医学では病気をもたらす邪気があります。暑邪は真夏の暑い日などに現れるのが特徴です。“湿邪”と一緒に体に侵入し、熱が体にこもりやすく、その熱は上へ上へと向かって燃え上がる炎のような性質をもつので、顔や頭に症状が出やすいともいわれています。

このツボは体内の熱を外に放散する効果があります。細い血管にも通じているので、暑さで動悸がするときなどにも有効です。少し体に異変を感じたらこのツボを刺激して暑い夏を乗り越えましょう。

<効果>

体内の熱を放散、熱中症の初期症状に

<ツボの場所>

手の甲側、手首にある丸い骨の小指側にある凹み。

<ツボ押しのコツ>

ほどよい刺激を感じる程度の強さで、ゆっくり押してゆっくり離しましょう。
(6秒×5回程度)

<鍼灸についてはこちら>

鍼治療について

灸治療について

ツボについて

<過去のツボ紹介はこちら>

2023年7月 関元(整腸作用)

2023年6月 解谿(むくみの改善)

2023年5月 天柱(肩凝り・眼精疲労)

2023年4月 百会(自律神経の不調の改善に)

2021年6月-2023年3月

 

関連記事