2024-02-01

大椎

大椎(だいつい)

<2月に多いトラブル>

冬は気温が低く、空気が乾燥する季節です。体は寒さによって冷え、体温は低下し、体の免疫機能が低下しやすくなります。一方、ウイルスは低温かつ低湿度の環境下で活性化することがわかっており、冬は風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。

東洋医学では「衛気」という身体を衛(まもる)エネルギーがあり、様々な外邪から身体を防御する働きをしています。 この「衛気」の巡りを良くする働きがあるのが大椎です。このツボを温めると、体全体が温まりやすくなり、外邪から防御する機能を高める効果があるとされています。風邪対策に最適のツボです。体がゾクッとした風邪の引き始めや普段の風邪予防にこのツボを温めてみましょう。

<効果>

風邪予防

<ツボの場所>

首を曲げた時に1番でっぱる骨の直下。

<ツボ押しのコツ>

ほどよい刺激を感じる程度の強さで、ゆっくり押してゆっくり離しましょう。 (6秒×5回程度)

<鍼灸についてはこちら>

鍼治療について

灸治療について

ツボについて

<過去のツボ紹介はこちら>

2024年1月 陽池(冷え解消)

2023年12月 委中(腰痛・膝痛)

2023年11月 太陽(眼精疲労)

2023年10月 梁丘(食べ過ぎ)

2023年9月 湧泉(不眠緩和)

2023年8月 陽谷(体内の熱を放散)

2023年7月 関元(整腸作用)

2023年6月 解谿(むくみの改善)

2023年5月 天柱(肩凝り・眼精疲労)

2023年4月 百会(自律神経の不調の改善に)

2021年6月-2023年3月

<ツボ押しのコツ>

ほどよい刺激を感じる程度の強さで、ゆっくり押してゆっくり離しましょう。 (6秒×5回程度)

<鍼灸についてはこちら>

鍼治療について

灸治療について

ツボについて

<過去のツボ紹介はこちら>

2024年1月 陽池(冷え解消)

2023年12月 委中(腰痛・膝痛)

2023年11月 太陽(眼精疲労)

2023年10月 梁丘(食べ過ぎ)

2023年9月 湧泉(不眠緩和)

2023年8月 陽谷(体内の熱を放散)

2023年7月 関元(整腸作用)

2023年6月 解谿(むくみの改善)

2023年5月 天柱(肩凝り・眼精疲労)

2023年4月 百会(自律神経の不調の改善に)

2021年6月-2023年3月

関連記事